未来を創るクラウド戦略(IT戦略)コンサルティング

ブリスコラの強み

クラウドイノベーションのMix & Match

ブリスコラは、事業戦略・IT戦略に対する専門性、クラウドに対する専門性を兼ね備えており、2つの専門性の融合を通じて、「クラウド事業戦略」、「クラウド活用戦略」、「クラウドイノベーション戦略」の分野において、価値の高いコンサルティングサービスを展開しています。
社会的意義のある新たな価値を創造する上で、既存の枠組みを超えたイノベーションの掛け算は必要不可欠です。コンセプチュアルなクラウド、テクノロジーとしてのクラウドに事業戦略・IT戦略というビジネス視点を織りまぜ、調和・協調を実現したモデルこそが、「Cloud FrontiEra」の斬新さであり、新しい価値を実現している基本要素になります。
ブリスコラは、クラウドの本質的な価値を再定義し、時代の変化を捉え、新時代への扉を開く強力な武器となりうるクラウドを活用し、企業の創造と変革を実現していきます。

ブリスコラの事業領域

クラウド事業戦略

クラウドを新たな収益源として捉え、ブリスコラの自らのクラウド事業立上経験に裏付けられた「事業戦略策定力」と「クラウド事業実現力」の融合を通じて、クラウド事業の構想計画から実行計画、実行までをEnd to Endで支援し、競争優位性の高いクラウド事業の確立に貢献します。

  • クラウド事業構想計画

    クラウドに対する高い専門性に基づき、外部環境・内部環境を分析し、先端技術と企業独自の強みを融合させた競争優位性の高いクラウド事業構想の策定を支援します。

  • クラウド事業実行計画

    クラウド事業立上の経験より、事業立上の要諦をおさえながら、事業立上に向けた現実的なアクションプラン、ロードマップの導出、及びROI成立性の検証を支援します。

  • クラウド事業スタートアップ・実行

    クラウド時代の外部活用に力点を置いた新たな統制モデルを織り込んだクラウド型ITガバナンス、クラウドベンダーガバナンスの設計・導入を支援します。

クラウド活用戦略

クラウドを新たなITソリューションとして捉え、ブリスコラが強みとする「IT戦略策定力」と「クラウド活用力」の融合を通じて、クラウドを活用した強いITへの変革を支援します。クラウドの活用領域を見極めると同時に、その導入効果が最大化されるよう、クラウドとつながる先のオンプレミス全体のアーキテクチャからガバナンス、IT組織までのトータルなIT変革に貢献します。

  • 次世代クラウド型IT戦略策定・実行

    経営への更なる貢献に向け、クラウドを組み込んだ中長期的なIT化とIT投資の基本方針の導出を支援します。また、経営への貢献指標、IT活用シーンを用いた経営陣への訴求を支援します。

  • 次世代クラウド型ITアーキテクチャ設計・導入

    クラウド活用モデル(業界別)を下敷きとしたクラウド導入を診断します。また、ハイブリッド(クラウド×オンプレミス)アーキテクチャの策定、及び現行環境からのマイグレーションプランの策定・実行を支援します。

  • 次世代クラウド型ITガバナンス設計・導入

    クラウド時代の外部活用に力点を置いた新たな統制モデルを織り込んだクラウド型ITガバナンス、クラウドベンダーガバナンスの設計・導入を支援します。

  • 次世代クラウド型IT組織・ケイパビリティ設計・導入

    クラウド時代において、企業ITが持つべきケイパビリティ、及び最適な組織形態、更にはIT人材のスキルセット、キャリアモデルの定義、IT組織強化のための取り組みを支援します。

クラウドイノベーション戦略 (2012年公開予定)

クラウドをイノベーションの梃子として捉え、クラウドのもつコンセプトを既存の仕組みに適用させ、企業イノベーションを促進します。例えば、クラウドのもつ「持ち合いによるスケールメリットの最大化」というコンセプトを業界のIT利用という枠組みに適用させた「業界共通クラウド」のようなものが考えられます。

  • 業界共通クラウドの確立

    業界全体の競争力向上、事業継続性向上のため、業界内でのIT資産の持ち合いによる業界共通クラウドの創出を推進します。

  • クラウドデータ連携・クラウドマーケティング

    クラウド時代における新しいデータ活用が生み出すイノベーション実現の支援します。また、クラウドを活用した新たなマーケティング・アナリティクスの実現を支援します。