未来を創るクラウド戦略(IT戦略)コンサルティング

クラウド事業実行計画

実行計画の実現性を高める

実行計画においては 、構想計画の中で描いたコンセプトの実現に向けて、具体的且つ現実感のあるアクションをもれなく切り出し、実現に向けたロードマップを策定すると同時に、事業の成立性を評価することが主な目的となります。事業の成立性を向上させるため、アクション切り出し、ロードマップ化、成立性評価のサイクルを回しながら実行計画を精緻化していくフェーズです。

実行計画における重要成功要因(KSF)

事業がクラウドに関わるものか否かに関係なく、実行計画における普遍的な成功要因は三つありうるとブリスコラは捉えています。

  • コンセプトを現実のものにしていくアクションを多角的な視点からモレなく抽出すること
  • アクション間の相互依存性・リードタイムを考慮し、最短且つ着実なロードマップを描き切ること
  • 事業性成立のキードライバー(主要な影響要因)を見極め、シミュレーションを実施し、勝てるシナリオを特定すること

ただし、クラウド事業の場合、外部の経営資源との組み合わせという特性が付加されるため、その複雑性が一般の事業よりも高くなることに注意が必要になります。

実行性・実効性の高い計画策定におけるブリスコラの提供価値

上記の重要成功要因を踏まえ、ブリスコラは次の価値を提供します。

  • クラウド事業立ち上げ経験をベースにした、クラウド特性を織り込んだ「クラウド事業立ち上げアクションテンプレート」を活用し、クイックにモレなく必要なアクションを特定?
  • 実際の事業立ち上げの中で見出したアクション間の相互依存性や優先度等の生きた知見を適用することで、ゴールまで最短且つ着実なロードマップを導出
  • 事業のキードライバーに対する知見を軸にシミュレーション、事業リスクを含む事業性評価を実施すると同時に、 勝てる事業シナリオの見極めを実施
クラウド事業実行計画