未来を創るクラウド戦略(IT戦略)コンサルティング

クラウド事業戦略

クラウドを梃子にした新収益の確立

クラウド市場は、技術そのものの進展、活用する側のリテラシー向上等により、徐々に拡大を見せており、今後も継続的に拡大していくことが予想されます。そういった市場の拡大を受けて、現在、様々な企業が当該市場への進出を検討、もしくは既に進出を開始しています。これまでハードウェアやファシリティサービスを提供してきた事業者がビジネスモデルそのものの変革を迫られ、クラウドサービスへのシフトを余儀なくされる一方で、ITサービスとは無縁の商材を取り扱ってきた事業者も、自社の経営資源を有効活用し、サービス化、新たな収益源として確立しようという試みが顕在化しつつあります。

しかしながら、自社の経営資源をクラウドサービスとして切り出し、市場において競争優位性を構築していくことは容易なことではなく、適切な視点からの事業化、コンセプト定義なくしては、なかなか勝てるクラウド事業を創出することができません。また、例え素晴らしいコンセプトを描けたとしても実現性の高い実行計画が描けなかったり、事業を成立させる上で必要なパートナーを見つけられなかったりと、その成功に向けては様々な障壁が立ちはだかっています。

ブリスコラは、クラウドそのものに対する高度な専門知識とクラウド事業を実際に手がけた経験・感覚を基に、これからクラウド事業に進出する企業、既にクラウド事業を構想しているがうまく推進できない企業の皆様に対して、以下の三つのコンサルティングサービスを提供します。

クラウド事業構想計画

クラウド事業構想計画

クラウドに対する高度な専門知識を梃子に、社内経営資源の中から、クラウドサービスとして成立し得る競争優位の原石の発掘と同時に、社外経営資源の中から、自社クラウドサービスの競争優位性を補完するものを見極め、それらの融合を通じて、勝てるクラウド事業コンセプトを策定します。

クラウド事業実行計画

クラウド事業構想計画

実際のクラウド事業立上の経験に基づき、クイックにもれなく事業化に必要なアクションを切り出し、それらの相互依存性、優先度を考慮してロードマップ化、事業性の評価を通した勝てるシナリオの見極めを通じて、現実性の高いクラウド事業実行計画を策定します。

クラウド事業スタートアップ・実行

クラウド事業構想計画

クラウド事業立上を通して培われた目利力と様々なソリューションベンダーとのネットワークを活用して、クラウド事業をクイックにスタートし、着実に推進するためのパートナリングを実現します。さらに、事業実行フェーズにおいては、ビジネス視点・IT視点の双方から全体を俯瞰し、実行計画を推進します。