未来を創るクラウド戦略(IT戦略)コンサルティング

ブリスコラの強み

未来を切り拓くクラウド戦略

目前に広がるクラウドというつかみどころのない新たなテクノロジートレンド。それを如何にして捉え、価値創出へと繋げていくか。現在、多くのCIOが頭を悩ませているテーマの一つです。そして、その捉え方がそこから創出される価値の多寡を決める重要な要素になります。クラウドを単なるツール、これまでと同様の一ソリューションという目線で捉える場合、ツールがもたらす効用以上の価値は望めません。その一方で、クラウドをITそのものの姿を根底から覆す変革のエンジンとして捉える場合、その価値は計り知れないものとなります。

クラウドをその黎明期から注意深くモニターし続け、クラウドに対する見識を高めてきたブリスコラは、クラウドそのものを三つの方向性で捉えています。それは、「新たな収益源」として捉えるクラウド、「新たなITソリューション」として捉えるクラウド、「イノベーションの梃子」として捉えるクラウドの三つです。そのクラウドに対する三つの捉え方を下敷きに、ブリスコラの有する事業戦略・IT戦略に対する専門性とクラウドに対する専門性を融合させ、次の三つのコンサルティングサービスを「Cloud FrontiEra」として確立しました。

クラウド事業戦略 Business Strategy

クラウド事業戦略

クラウドを新たな収益源として捉え、ブリスコラの自らのクラウド事業立上経験に裏付けられた「事業戦略策定力」と「クラウド事業実現力」の融合を通じて、クラウド事業の構想計画から実行計画、実行までをEnd to Endで支援し、競争優位性の高いクラウド事業の確立に貢献します。

クラウド活用戦略 Strategic Advantage

クラウド活用戦略

クラウドを新たなITソリューションとして捉え、ブリスコラが強みとする「IT戦略策定力」と「クラウド活用力」の融合を通じて、クラウドを活用した強いITへの変革を支援します。クラウドの活用領域を見極めると同時に、その導入効果が最大化されるよう、クラウドとつながる先のオンプレミス全体のアーキテクチャからガバナンス、IT組織までのトータルなIT変革に貢献します。

クラウドイノベーション戦略 Innovation Strategy(2012年公開予定)

クラウド事業戦略

クラウドをイノベーションの梃子として捉え、クラウドのもつコンセプトを既存の仕組みに適用させ、企業イノベーションを促進します。例えば、クラウドのもつ「持ち合いによるスケールメリットの最大化」というコンセプトを業界のIT利用という枠組みに適用させた「業界共通クラウド」のようなものが考えられます。