未来を創るクラウド戦略(IT戦略)コンサルティング

次世代クラウド型ITアーキテクチャ設計・導入

ITアーキテクチャのオープン化

クラウドの進展に伴い、企業ITのアーキテクチャは大きな変革を求められています。全てのIT資産を自社保有する閉じたITアーキテクチャから、全体最適の視点を維持しつつ、事業・ITを取り巻く環境変化に応じて柔軟に社内外のIT資産を組み合わせることを可能にするオープンなITアーキテクチャへとシフトしていくことが求められています。

クラウド導入上の三つの課題

「次世代クラウド型ITアーキテクチャ」を設計する上で頭を悩ませるのが、そもそもクラウドという比較的新しいテクノロジーを如何にして企業ITに取り入れるかという点です。とりわけ、以下の三点が次世代クラウド型ITアーキテクチャを設計する上での、主要な課題であるとブリスコラは捉えています。

  • クラウドと親和性の高い領域とそうでない領域が見極められない
  • 複数あるクラウド形態(SaaS/PaaS/IaaS)の中でどれが最適か判断できない
  • クラウド活用上のリスクや制約についての判断ができない

クラウド活用領域の見極めとクラウド型ITアーキテクチャ策定支援

ブリスコラは、クラウドに対する高度な専門知識を有しており、クラウド活用によって得られる効果、制約・リスクの観点から、活用による効果が大きく、制約・リスクが比較的小さい業務・システム領域を見極めた上で、次世代クラウド型(オンプレミスとクラウドの融合型)ITアーキテクチャを設計することができます。また、クラウドを組み込んだITアーキテクチャ設計に基づき、EA (Enterprise Architecture)の業務プロセスを除く各レイヤ(アプリケーション、データ、インフラストラクチャ)の設計、及びITターゲットアーキテクチャを実現するためのロードマップ策定を支援します。

実現性の高いロードマップの導出

クラウド活用領域を見極め、クラウド導入に踏み切るだけでは、クラウドの持つ本来の効果を十分に享受することができない可能性が高いとブリスコラはみています。堅牢な建物を建てるために地均しが必要であることと同様に、クラウドの価値を最大限に引き出すには、まずは企業内ITを外部のIT資源が取り込めるかたちに変革していかなければなりません。具体的には、これまでの事業成長を優先した結果としての個別最適な密結合型のITから、全体最適な疎結合型のITへとシフトしていくと同時に、外部IT資源を取り込んだ際のセキュリティ、ガバナンスモデル等の包括的な視点で、実現性を担保する段階アプローチをベースとしたロードマップを描いていくことが肝要と考えます。

次世代クラウド型ITアーキテクチャ設計・導入