未来を創るクラウド戦略(IT戦略)コンサルティング

トピックス

クラウド実践セミナー:クラウドの価値を阻害する4つの障壁

このニュースのPDF版[208KB]

クラウドコンピューティング専門の事業企画・開発会社、株式会社ブリスコラ(本社:東京都港区、代表取締役社長:下川部知洋 以下、ブリスコラ)は、「クラウドの価値を阻害する4つの障壁 本格的なクラウド時代にどう挑む?」と題して、クラウド実践セミナーを11月21日(水)に開催いたします。

企業のITリーダーへの期待は、「安定したITサービス運用」の実現と「継続的なITコストの最適化」に加え、「より直接的なビジネス価値の創出」にフォーカスされて来ています。今後は、これまで以上に最新のテクノロジを理解し、それらを如何にビジネスに適用し、より直接的に価値創出していくかを追求していく姿勢が求められます。

ビジネスの価値創出を促す新たなテクノロジの実現ドライバ、且つ既存のテクノロジの最適化ドライバとなる"クラウド"こそが、これからのITリーダーが、重視すべき最重要テーマとなります。つまり、テクノロジがもたらす価値を最大化し、競争力あるITを確立できるか否かは、戦略的にクラウドを捉え、将来に対して備えられるかどうかによって決まってきます。

本セミナーでは、これまでのテクノロジの振り返りと今旬のテクノロジを洞察しつつ、戦略の不在によって予見される「複雑バッチ構造2.0 - クラウド版」を回避し、クラウドの価値を最大化して行くためのアプローチとして、「IT戦略の重要性」と「将来に対する4つの備え」を組織、ガバナンス、プロセス、アーキテクチャの視点からご紹介します。
また、企業のクラウド活用戦略の策定と有効性の評価をスピーディに導き出す、クラウド活用診断サービス「Cloud Insight(クラウド・インサイト)」の目的と効果、アプローチ、フレームワークなどについてご紹介します。

是非この機会に、貴社のクラウド活用戦略を成功させるための良きヒントを得て頂きたいと考えています。
皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

主なトピックス

・テクノロジの変遷と先進トレンド
・クラウド実用化時代への備えの意味とは ?
・クラウド活用におけるIT戦略の意義 (戦略と計画の相違点)
・クラウドの価値最大化を阻害する4つの障壁
・クラウド活用診断サービス「Cloud Insight(クラウド・インサイト)」のすゝめ

本セミナーのお申し込みについて

本セミナーは、お申込を締め切りました。