未来を創るクラウド戦略(IT戦略)コンサルティング

トピックス

クラウド実践セミナー:Cloud Crisisとは何か? IT戦略不在で起こる悲劇 ~ 新時代を見据えたクラウド戦略活用術 ~

このニュースのPDF版[204KB]

クラウドコンピューティング専門の事業企画・開発会社、株式会社ブリスコラ(本社:東京都港区、代表取締役社長:下川部知洋 以下、ブリスコラ)は、「Cloud Crisisとは? IT戦略不在で起こる悲劇 ~ 新時代を見据えたクラウド戦略活用術 ~」と題して、クラウド実践セミナーを11月27日(火)に開催いたします。

現在、「ソーシャル」、「アナリティクス」、「モビリティ」、「クラウド」等のテクノロジが先進トレンドとして取り上げられています。中でも「クラウド」は、それらのテクノロジの中核となり得るものとして、その期待度が高まっています。

その一方で、クラウドを導入したものの十分な価値が得られていない、結局のところこれまでのベンダー主導の体制を脱却できていない等、クラウドによってもたらされるはずの効果を十分に享受できていない企業のIT部門が多いという現実があります。
これらの現実の背景には、局所的なテクノロジの導入にのみ焦点があたり、全体像が見えていない(近視眼的)、テクノロジそのものにのみ焦点があたり、活用するための環境整備が蔑ろ(単眼的)という状況が存在し、クラウドに対する戦略的なアプローチの欠如、つまりIT戦略の欠如が共通の課題として横たわっています。

本セミナーでは、戦略の不在によって予見される「複雑バッチ構造2.0 - クラウド版」を回避し、クラウドの価値を最大化して行くためのアプローチとして、「IT戦略の重要性」と「将来に対する4つの備え」を組織、ガバナンス、プロセス、アーキテクチャの視点からご紹介します。
また、企業のクラウド活用戦略の策定と有効性の評価をスピーディに導き出す、クラウド活用診断サービス「Cloud Insight(クラウド・インサイト)」の目的と効果、アプローチ、フレームワークなどについてご紹介します。

是非この機会に、貴社のクラウド活用戦略を成功させるための良きヒントを得て頂きたいと考えています。
皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

クラウド実践セミナーの概要は、以下の通りです。

主なトピックス

・なぜ今、クラウドなのか ?
・Cloud Crisisとは何か ?
・アドホックなクラウド導入が招くリスク
・IT戦略とは ? IT戦略があるかどうかを見極める4つの質問
・既存IT環境の可視化から始めるクラウドプロジェクト
・クラウドの効果を最大化しうる上での準備アプローチ

本セミナーのお申し込みについて

会社名、所在地、部署、受講者名、電話番号、メールアドレスを記載の上で、下記メールアドレスまでお申し込み下さい。
cloudfrontiera_mkt01@briscola.co.jp セミナー事務局 担当:西川