未来を創るクラウド戦略(IT戦略)コンサルティング

トピックス

クラウド実践セミナー:先進企業に学ぶクラウド活用の戦略的手法 ~ クラウド活用診断による、失敗しないプロジェクトの進め方 ~

このニュースのPDF版[195KB]

クラウドコンピューティング専門の事業企画・開発会社、株式会社ブリスコラ(本社:東京都港区、代表取締役社長:下川部知洋 以下、ブリスコラ)は、「先進企業に学ぶクラウド活用の戦略的手法 ~ クラウド活用診断による、失敗しないプロジェクトの進め方 ~」と題して、クラウド実践セミナーを2013年8月30日(金)に開催いたします。

クラウドが登場してから数年が経過し、当初は過度の期待の中にあったクラウドサービスも徐々に実用化の段階へと移行しつつあります。早い段階に導入に取り組んできた企業は、今まさにその導入効果の刈り取りに入ろうとしています。

一方、数年前の時点では仮想化の取り組みにとどめ、クラウド導入を見送ってきた多くの企業が、徐々に実用化の階段を上るクラウドサービスの活用を検討し始めています。クラウド市場は、市場の過熱とともにクラウドベンダ主導で形成されてきました。こうした市場形成の背景から、未だクラウドサービスは選択するものという選択式の考え方が主流となっています。しかしながら、クラウドの真の価値を享受するためには、こうした選択式の考え方から脱却し、絞り込んで(目利きをして)、複数のサービスを統合する(組み合わせる)統合式の考え方へとシフトしていく必要があります。

本セミナーでは、当社の数多くのクラウド活用診断実績に基づく戦略的クラウド導入の視点を中心に、クラウド活用検討の進め方、現状分析の四つの視点、クラウドサービス評価の観点、クラウドアーキテクチャ設計の方法論についてご紹介します。
また、企業のクラウド活用戦略の策定と有効性の評価をスピーディに導き出す、クラウド活用診断サービス「Cloud Insight(クラウド・インサイト)」の目的と効果、アプローチ、フレームワークなどについてご紹介します。

是非この機会に、貴社のクラウド活用戦略を成功させるための良きヒントを得て頂きたいと考えています。皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

クラウド実践セミナーの概要は、以下の通りです。

主なトピックス

・実例に基づくクラウド活用上の課題
・失敗しないクラウド活用検討の進め方
・移行に向けた現状分析の四つ観点
・目利力の真価(クラウドサービス評価の観点)
・マルチクラウドインテグレーションの効用(クラウドアーキテクチャ設計方法論)
・クラウド価値最大化の見えない障壁とその打開策
・「Cloud Insight(クラウド・インサイト)」シリーズのご紹介