未来を創るクラウド戦略コンサルティング

グローバルクラウド連携

クラウド・オンプレミス連携ニーズの高まり

クラウド時代に突入し、多くの企業ITにおけるクラウド活用の動きが活発化してきています。そのようなトレンドの中、従来から自社保有しているオンプレミスのシステムと外部サービスであるクラウドを如何に接続・連携させるかが大きな壁として横たわっています。
企業ITにおけるクラウド活用ニーズの高まりに伴い、クラウド・オンプレミス連携を実現する連携基盤・サービスに対するニーズが加速的に高まっており、今後も高まり続けるとブリスコラは見ています。さらに、その先には、クラウドサービス同士をつないで自社にとって最適な複数のクラウドサービスを組み合わせで活用する世界の到来も予見されます。

グローバルクラウド連携の特長

これまでのデータ連携は、企業内に閉じたEAI等の高価なツールを使ったオンプレミス同士の連携が主流でした。ところが、サービスをインターネット越しで活用する時代に入り、オンプレミスとクラウドサービスをつなぐデータ連携の必要性が高まってきました。そのようなニーズの高まりをうけて登場したのが、世の中にあるあらゆるサービスを連携されるプロトコル、APIとインターネットを最適に組み合わせることを可能とするデータ連携基盤であるグローバルクラウド連携基盤です。
一方、クラウド・オンプレミス連携ニーズの高まりに伴い、これまで企業内に閉じて活用されてきたデータの所在が、クラウド上のオープンな世界へと拡散していく過程で、意図的か否かを問わず、データそのものが書き変わってしまうリスクが増大しています。

ブリスコラの提供価値・実績

ブリスコラは、グローバルクラウド連携基盤である「Concord」をサービスとして展開しています。Concordの最大の特徴は、クラウド型サービスの接続型コネクタである主要なAPIをすべておさえると同時に、日本国内独自の事業会社APIをも吸収することを可能とするカスタマイズ性の高さにあります。
一方で、サービスを支えるデータ連携のプロフェッショナルチームを有しており、従来型のデータ連携、クラウド連携の双方の領域で深い見識を駆使しながら、サービス導入を推進しております。 同時に、企業の枠内を超えてクラウド上で利用されるデータの正統性を担保するガードタイム社のキーレス署名サービスも保有することで、オープンな世界において、データが書き変わるリスクを回避するためのソリューションも有することで、リスクを最小化したかたちでのクラウドデータ連携の実現を推進しています。