未来を創るクラウド戦略(IT戦略)コンサルティング

テクノロジー

未来を創るクラウドテクノロジー

クラウド時代の到来を促したのは新たなテクノロジーではなく新たなコンセプトです。テクノロジーはコンセプトを具現化する手段であるという点において、コンセプトの先に立つことはありません。これまでのIT産業の歴史を振り返っても、テーマは異なるものの、その本質は「集中」と「分散」というコンセプトのサイクルがそのときどきでの先端テクノロジーを纏いながら螺旋状につらなっているのを見て取ることができます。
かつて、ホストサーバを構築し、アプリケーションをスクラッチからコーディングしてオリジナルのシステムを開発し、全てのコンピューティングリソースを一極集中させていた時代から、コスト削減・最適化をテーマにダウンサイジングとして安価なオープン系のサーバとパッケージのカスタマイズによる組み合わせによってシステムが開発される時代へとシフトしてきました。その結果、システムは、計算処理を分散させてスケーラビリティーを確立することで、その導入と運用のコスト削減が図られてきました。しかしながら、ITに求められる要求の高まりに伴い、この手法にも限界が来ました。

時代の進歩に伴いITに求められる要件はより厳しくなり、また多様化してきました。ユーザーはより安価でより簡単に、そして、よりスピーディーにシステムを導入することが当たり前とされる価値観へとシフトしてきています。
その一方で、サービス提供会社はこれらの高い要求に応えるため、既に存在するテクノロジーを新しい発想と仕組みを取り入れながら、より優れたファシリティーの構築又は、システムとして確立し、ユーザーが求めるサービスを即座に提供するとともに、高い品質(サービスレベル)を実現する必要性に迫られるようになりました。

そして、今後ユーザーは現行システムの改修又は新規システムの導入に対してクラウド化が可能な部分を切り出し、数多く存在するクラウドサービスの中から求められる要件に最も適したサービスを選択し、組み合わせていくという挑戦が求められるようになります。

クラウドに関する技術的な専門知識を有しているブリスコラの役割は、クラウド時代に真に適用可能なITを具現化するため、そのテクノロジーサイドからの知見を提供することです。特に上記の挑戦において重要なポイントとなるのが、ITファシリティー(データセンタ、インターネット、IaaS基盤)と、クラウドサービス各社とのデータ接続(データ連携)です。この分野についてブリスコラは、高度な専門知識と研究に取り組むメンバーで構成されており、日々新技術の開発を行っております。また、オンプレミス時代からの豊富な経験と実績もあり、他社には無いブリスコラ独自のソリューションも有しており、具体的には「次世代コンテナ型DC」と「グローバルクラウドデータ連携」を提唱しております。

クラウド時代では集中と分散の融合(ハイブリッド)がポイントになります。
ブリスコラはクラウドの専門家集団として今後も重要なテクノロジーの活用方法の探究に積極的に取り組み、テクノロジーに対する知見を磨き上げていきます。

次世代コンテナ型データセンター

次世代コンテナ型データセンター

クラウド時代のデータセンターとして登場した次世代コンテナ型データセンター。拡張性、コストパフォーマンスに優れ、環境にやさしく、立地条件の制約を受けにくいコンテナ型データセンターを、事業者目線から如何に事業として確立していくか、また、ユーザー目線から如何に企業ITの中に取り込んでいくか。ブリスコラは、自らの経験をベースとして、次世代コンテナ型データセンターのコンセプトを世の中に広げていきます。

グローバルクラウド連携

グローバルクラウド連携

クラウド時代のデータ連携の可能性を極大化するグローバルクラウド連携。企業ITにおけるクラウド活用ニーズの高まりに伴い、クラウド・オンプレミス連携を実現する連携基盤・サービスに対するニーズが加速的に高まっています。ブリスコラは、さらにその先のクラウドサービス同士をつないで自社にとって最適な複数のクラウドサービスを組み合わせで活用する世界を見据えて、グローバルクラウド連携の活用を先導していきます。